6日間の砂糖・小麦絶ち成功。しかしその後の○○をして大失敗しました。

和みの宿の管理人絵師、今留千歳です。

6日間、砂糖と小麦粉を絶つことに成功いたしました!!

いやー何とか耐えました。後半、離脱症状はほとんどなく、砂糖がなくても大丈夫な気分でしたが、

精神的な解放、過去の怒りの感情と向き合っていた上、食事が毎日全く同じできつかった!

何か食べたいという気持ちは、咀嚼回数を増やすことで解消されたのですが、とにかく別のものを食べたい、

さっぱりしたものを食べたい。という気持ちが大きくなっていて・・・

やっぱり普段の食事に変化がないと、砂糖がなくてもキツイということが分かりました。

6日間の後、豆腐やら、納豆やら味付け海苔やらを買い込みました。

後は、お腹がすいたら玄米を食べていたので、少し便秘気味になり・・・

水溶性食物繊維が足りていないせいだと分かったので、こんにゃくゼリーを導入しました。

これがとても美味しくて。久々に食べるとめちゃ美味しい。

そしてさらに翌日。

そう問題の今日。私は大失態をやらかしてしまいました。

どうしても、パンが食べたくなったのです。ご褒美dayにしてしまおうと。

朝から、ホットサンド二つと、練乳パン、

昼にあんドーナツ、カステラ四切れ、みたらし団子2本

夕飯の後にMOWアイスを食べてしまい・・・

明らかに食べ過ぎだと分かってはいたのですが

脳の快楽に惨敗しました。

この後、大腹痛。

やっちまったーーーあああやっちまったよう。

出すもの全部出して(食事中の方すんません)

今やっと落ち着いてこの失敗を晒してるという次第。

あああ完全に自業自得です。

壁に寄りかかって、

「燃え尽きたぜ・・・何もかも」

と独り言ちて

一大決心をして、

もうこの先暫くは砂糖も小麦も食べない

と心に固く固く誓いました。

「特別な日ならいいじゃん?」

という悪魔の囁きが聞こえますが、

特別な日?そんなものありゃしません。

否、毎日が特別なんです。

特別じゃないどうでもいい日なんてありますか・・・

腹痛のない、普通のあの日々がどんなに尊いものか。

それに比べたら一時の快楽なんてゴミに等しい。

それぐらい痛かったorz

(いや、少な目に食べろよとツッコミたいとこではある)

だけど、私はどうやら一旦ご褒美を与えるとあれもこれもとなってしまうらしいので。

これはもう一回スパッとやめちまった方がいいんじゃないかと。

ダラダラやってるよりもう余計なことはバッサリ切っちゃって、

そうしたらご褒美何にしようかって悩む必要もなくなるわけで。

てか、ご褒美ってなんじゃろうと。

私にとってのご褒美は見たこともない映画を見ることだったり、好きな映画を何度も見ることだったりするわけですよ。それもご褒美に入るから、そっちにした方がええんじゃないかと。

食に関するご褒美は、普通のご飯!

小食にすると、好きな物をたくさん食べるより幸福になれるという噂を耳にしまして、

その真偽のほどを自分の身体で確かめてみます。

私にできることは、普段の食事を飽きないように工夫すること。

手放さなきゃいけないことは分かっていたんです。

でもそれをズルズルとここまで引きずってしまった。

罪悪感を持っているから、罪悪感を持つようなことをしてしまう。

だから形のない不安、恐怖におびえてしまう。将来の不安に流されやすくなる。

→やめたかったら、もうやめよう

→それが嫌だったらもうやめよう

今回はそれを私の身体が身体を張って伝えてきてくれたんだと思います。

その証に心も不安な思考が入り混じっていました。私の魂が望んでなかった。身体も。

どこまで砂糖と小麦粉をやめるかですが、パン・甘いもの全般ですね。

黒棒も、今手元にある分を食べきったらしばらくは控えます。こんにゃくゼリーについてはお腹の調子を見て決めます。

玄米を食べすぎないようにして納豆で水溶性食物繊維が足りていれば大丈夫かと思うので、必要なかったら外していきます。

ドライフルーツ、生の果物はOKにします。

ジュースについては、余計なものがほとんど入っていない100%オレンジジュースだけOKにします!

今回の大失敗は、私にとって大きな転機になります。

転機にします!!ლ(╹◡╹ლ)