自分をもっと深く知る方法part2!自分の苦手・スルーしていたものから自分を知ることができる

和みの宿の管理人、今留千歳です。

以前、自分をもっと深く知る方法について書きました↓

自分をもっと深く知る方法

今回はそのpart2ということでもっとふかーーーく自分を知る方法について書いていこうと思います。

 

突然ですが、

私、実は……江戸時代が苦手なんです!

江戸時代関連のものはよっぽどのことがない限り、スルーしてきました。

しかし、不思議な巡り合わせで、江戸時代に向き合うことになり、自分が求めていることを知ることができたので、ここでシェアしたいと思います。

苦手なものに注目する

私はタロット占いの動画が好きで、よく今後について・どう目標を達成したら良いのかなど占っていました。

あるタロット動画で、「自分の苦手なもの・スルーしてきたものを見つめてみることで自分を知ることができる」と言われ、

苦手なもの・スルーしてきたものってなんだろう……と考えてみたのです。

でもその時はハッキリ「これだ!!」というものがなく……ハッキリ教えてーー!と誰にともなく言っていました(笑)

 

 

その夜、夢を見たのです。

それは、電車の中、お姉さんの隣に座った後、国語便覧のような、江戸時代の調度品の図解のようなものを見せられ、

「こういうのも見た方が良いと思う」

と言われたのです。

私は、

「でも私、江戸時代あんまり好きじゃなくて……」

と言い……

その後すぐに目覚めて、ハッとしました。

 

「そうだ、江戸時代は苦手でスルーしてた!!(;゚Д゚)」

 

そこでハッキリ自覚した私は、なぜ江戸が苦手なのか書き出してみたのです。

・髪型が男女共に好きじゃない

 

・ドロドロしてる(悪代官・搾取される民等)

 

・なんか不穏

 

・着物(特に女が自由ない)

 

かなり偏見があると思います。私の今までの勝手なイメージなのであしからず……

 

こういったところから考えてみると、私は、

平和好き・自由が好き・安心でいたい

ということが分かったのです。

 

自分の本当の気持ちが、苦手なことから分かったんですね。

 

その次に、江戸時代の良いところ(イメージ)を考えてみたんです。

・身分は固定だけど生き方が自由なところもある(身分高いほど窮屈?)

 

・表向きさっぱりな感じ

 

・着流し(男)

 

・(戦国に比べ)戦ない

よくよく考えてみると、江戸時代そんなに苦手じゃないかもなーと思えてきたのです。

江戸時代を少しでも知るために、「猫侍」というドラマを見てみたのですが、なかなか面白く髪型も男女けっこう自由だったので意外でした。

もちろん脚色もあるでしょうが、そんなにカッチリ決まっていたわけではなく、けっこう自由な時代だったかもしれません。

事実はどうあれ、新しい道が開けた感じで、今後の楽しむ時代が増えて嬉しい限りです。

これからゆっくり江戸時代も楽しんでいこうと思ったのでした。

 

まとめ

自分の苦手でスルーしていたものを、見つめてみると、自分が求めていたものを知ることができます。

自分を知ることは、自分を幸せにする道に繋がっていきます!

自分の苦手・スルーしていたことをぜひ注目してみてくださいヾ(╹ᗜ╹)ノ”