心の余裕を持つにはどうしたらいい?具体的な3つの方法とは

和みの宿の管理人、今留千歳です。

心の余裕がないと人間どうにも生き辛くなっていくと思います。

いつでも心に余裕があれば賢明な判断も下せるし落ち着いて対処できる…

けど、心の余裕を持つって具体的にはどうすればいいのか分からない!!

そういった方に向けて、心の余裕を持つための具体的な方法について書いておこうと思います。

1、「今」この瞬間に集中する

今に生きる、中今の精神とも言いますが、とにかく…

何か没頭・集中できるものをして今に生きること!

不安になった時は、意識が過去や未来に飛んでしまっているので、

(楽しい気分なら過去・未来を考えてOK)

何か夢中になれることをして「今」生きることを意識します。

今に生きると、頭がクリアになり不安もどこかへ消えていきます。

何より今に生きていると、幸福感がUPするような心地がして充実感も得られます。

何も考えないで集中するってとっても気持ちが良いですよ!!ヾ(╹ᗜ╹)ノ”

 

2、どんな自分でも受け入れる

自分自身を否定したままでは、心の余裕を持つことは難しいです。

どんな精神状態でも、自分に「それでも大丈夫」と言えることができるか…

もし受け入れられないと思っても、自分を受け入れられない自分を許す。

どんな自分でも許して受け入れ続けます。

すると、心の状態が安定してくるから不思議です。

何か自分を否定したままでいるのは、息苦しさを感じます。

どんな状態の自分も許し受け入れていくと、その息苦しさが消えていきます。

最初は何だか違和感があり、難しいと感じるかもしれません。

でも、そこは一歩勇気を出して受け入れてしまいましょう。

 

3、信頼する

私は過去の苦い経験もあり、疑り深いので、ここが一番自分の課題だなと思うのですが、

自分自身や、人、この世、人生、天…全てを信頼し、心配しないということ。

何かを疑う心は、自分の心の余裕を吸い取っていきます。

心配しないようにと思うと心配してしまうので、やっぱり

思考を止めて今に生きるのが最適かなと思います。

猜疑心は、夢中になっている時は生まれにくい感情なので、今に生きるのは本当に大事だと思います。

 

まとめ

心の余裕を持つには、

1、「今」この瞬間に集中する
2、どんな自分でも受け入れる
3、信頼する

この三点を意識して取り組めば、心の余裕は確実に生まれます。

やはり、どんな自分でも受け入れて今に生きるのが最強ですね(╹◡╹)

それではまた!