魂の本当にやりたいことをやると疲れない。不安感もなくなっていく。

和みの宿の管理人絵師、今留千歳です。

最近またイラストを描くのが楽しく集中力をもってやることができるようになりました。

心の大浄化が起こったので、その後はゆるやかにのびやかに修行中といった感じです。

大浄化中は、描くのを一旦やめて他のことをしていたのですが、ついつい絵を描くことを考えてしまっていました(笑

やっぱりそうなんだなと自分で自分に納得して、描き始めたのですが、何時間描いても本当に疲れない。

食について情報収集していた時は、目が痛くなるしやめたいのに気になってやめられないの悪循環だったのに・・・

(その時についての記事はこちら→やめたいのにやめられない…厄介な癖が出てきた時は、何か他にやめたいことがある。)

魂の本当にやりたいことをやっていると、身体の不調が消えて肉体的にも精神的にも疲れなくなります。

寝る時間が惜しくなるほどで、夜中の3時頃までやってしまうほど(;╹◡╹)

PCの健康面も考慮して、やりすぎは禁物だなと感じ早めにシャットダウンするなりキャッシュをクリアするなりそういった配慮を心がけるのも大事だと思いました。

身体も道具も体調管理が必須だと改めて感じます。そういう思いを抱くのも嬉しくて。

自分を生きてるなと実感します。

楽に流されず、自分主体で生きていると、生活が充実していると感じ不安感もなくなっていきます。

問題をどうにかしようと考えたり調べたりすると嵐が吹き荒れるように不安も沸き起こりやすくなるけど、こういう風に自分軸をしっかり持って生きているととても楽しく心が安定してきます。

自分がやりたいことをやることで今この瞬間、全員が自分のやりたいことをやっていることになる。

私はそう信じています。世界=自分なので、周囲の人も自分の鏡。

だからまず、自分がどう生きるかなのです。何か自分のできないことを克服しなければならない訳ではない。やりたければやってもいいと思います。

でもやりたくないならそれは得意な人に任せる。任せる自分を否定しない。否定しても許し、今自分にできること本当にやりたいことをやる。

自分の本当にいたい席を自分で選ぶ。心地よい方を。それは好きだけど楽じゃない面倒なことかもしれないけどね(* ̄◡ ̄)