太陽光を浴びるとネガティブ思考が湧いても切り替えやすくなる!

和みの宿の管理人絵師、今留千歳です。

最近とても暑くて外に出るのも少ししんどい直射日光・・・

しかし、太陽光って滅茶苦茶人間の身体に良い作用をもたらしてくれるのです。

これは実体験なのですが、

少しの間、太陽の光にあたり、じっと目をつぶってそのお日様の光を感じていました。

その翌日、目が覚めて、ふとネガティブ思考が湧きづらくなっていることに気付きました。

思考の癖で湧いてきても、すぐにジュワッと溶けてなくなっていく感じ。

思考の中心を占めていない。

そのままふっと消えていく。

大丈夫だと自然に思えてリラックスできる。


太陽を浴びるのに必要なものは何もないんですよね。

ただ外に出て日を浴びるだけ。

散歩しながらで運動不足解消にもなり、一石二鳥です!


不安や心配って真実ではないんです。

なぜならそれは不快だから。自分自身が不快に感じているならそれは嘘。

だから、今、私が幸せになる、嬉しくなること、選択ってなんだろうって考えて行動してみる。

今この瞬間を幸せにするなら何をしたい?

つい、身体に悪いから揚げ物はやめとこう。と思うかもしれないけど、たまになら大丈夫だし自分の身体の自浄作用を信じて安心して食べてみる。

さあ、ほっとする方へいざ!