昔の人形劇が見た過ぎる。『黒姫ものがたり』『紅孔雀』

最近、昔の人形劇が見たくて見たくてたまらない。

昭和43年、リアル人形劇『黒姫ものがたり』!

私のおじいちゃんが若い時の作品、これもう見たくて見たくて…

情報収集していると、どうやら、2019年に開催された『喜之助人形劇フェスタ』にて、DVD放映があったそうな・・・

もっと早く知ってれば!!!!(´;ω;`)

でもDVDで残ってるなら良かったかなあああ。

 

いやーーーー見たい。とても見たい。

 

この作品については、Twitterで本があるという情報を見たことがあるのですが、そんなフェスタがあるとは、しかも放映されてたとは知らなんだ。

 

DVDあるなら売ってくれないかなあ。私が住んでるところからだとちょっと遠いんだ・・・

しかもこのご時世、次のフェスタがいつになるかもわからない。

うーーーんでも見れないわけじゃないならちょっとは希望が持てるかも。

 

もう一つの気になる作品『紅孔雀』。

これについては、NHKアーカイブスの公開ライブラリーで少しだけ見れる。

今休止状態だけど(;╹◡╹)仕方ないね。

 

映像が残ってるだけでもめっけもんじゃい!!!!(ヤケ

それまでは、私の作品仕上げてくよ、見れないもんを想像して創るのが絵師の仕事なんじゃーーー

本望なんじゃい!!(;`・ー・´)ムムム

 

ま、気長に機会をうかがいますか・・・

 

追記

やっぱりどうしても見たくて、『黒姫ものがたり』をもっと注意深く検索して見てみると、

記録映画保存センターというサイトで、

16フィルムの黒姫ものがたり《人形アニメ》が存在していることを確認。

しかーーーし!

16フィルムの映像は団体向けで、個人で見ることは難しそう…

 

ああああ映写機の資格も持ってないし、なんもないし。

ああ無理かなあ、、、見たいなあ・・・

映像残ってるだけましと思うけどやっぱ見たい訳だよ。