「神域への招待」雨月と五鈴

 

やっと二柱を描けた。水神と水神妃。

左側が水神の雨月、右側が水神妃の五鈴。

水神夫婦で、早瀬と水瀬が神使として仕えてる方々です。

 

少し趣向を変えて欄干の橋から描いてみましたが、人描くより時間がかかった(;╹◡╹)

でもいつも以上に集中できて、達成感は大いにアリ。

 

「神域への招待」とは、水神夫婦から私たちへの招待状であったりして・・・(* ̄◡ ̄)