「烏の迎え」和風の創作男子イラスト。カラスの羽が舞う夕暮れ時に

カラスの羽が舞い散る夕暮れに男性が立って俯いている和風の創作イラスト

和みの宿の管理人絵師、今留千歳です。

一応カラス使いという設定があった時貞殿(すっかり忘れてた)。

夕暮れ時にカラスが鳴くので、このような情景になりました。

メモ書きに、

「落武者みたいな感じにしたい。カラスの羽」

と書かれてあり、我ながら少し可笑しくなり・・・落武者は髪バサバサなイメージがあるためこのような表現に(* ̄◡ ̄)

カラスの羽、難しいかなと思ったのですが、意外と描くのが楽しかった!


最近、ホリ・ヒロシさんや、百鬼ゆめひなさんの人形舞台を観て楽しんでいます。

どちらも妖艶な人形でとても魅力的。

どうしてこうも私は人形というものに惹かれてしまうのでしょう。

これも偏に和の絵描きであるが故なのか果たして・・・