ある人と龍のはじまり

「黒姫物語」や「三湖伝説」といった龍神さまのお話がとても好きです。

 

人と龍が関わるお話は、なぜか心惹かれるのです。

 

私自身、龍のことが好きで、本当に龍は存在していると思っています。

実際、夜中目覚めたときに、赤い目をした龍がじっとこちらを見つめていたり、太い龍の胴体が天井から床まで通って見えたり…

 

目に見える経験をすると、「ああ本当にいてくれてるんだなあ」としみじみ思います。

 

いつでも見れるわけじゃないのですが、

龍が傍にいる時に見る、8888のナンバーや龍雲も何度も見ているので、見守ってくれてるんだと嬉しくなります(╹◡╹)

 

 

“はじまり”といいつつ、一枚絵でこれはこれで完結なのですが、イラスト一枚目としてはじまりとつけてみました。

 

名も素性も知らないある人と謎めいた龍。

 

また気が向いたらどこかにひょっこり出てくるかも…。

(それにしてもスキャナ欲しい)

 

 

そういえば、苗字をずっと何にするか迷っていたのですが、今留(いまとめ)、とすることにしました。

 

苗字の由来はよく分からないのですが、
「今」に「留める」で、今に生きる感じがして良い!と思い、今留に決定しました。

 

今この瞬間を生きる。

 

どん底だった人生の中をどう生きるかであがいていた頃、この中今の精神に出会い今日まで救われたので、

私にとってとてもぴったりな苗字だと思い付けました。

 

そんなわけで…
これからも、ゆるっと更新していくので和んでいただけたら幸いですヾ(๑╹◡╹)ノ”