思考の癖をなくす!いつも思っていることが現実化するから普段から変えるように意識する

和みの宿の管理人絵師、今留千歳です。

最近の出来事で、多くの学びを受け取ることができました。

今日は、自分の思考の癖について。

シェアしたいと思います!

買い物でつい悩んでしまう

私は、必要なものを買う時はスパッと購入できるのですが、

甘いものだったり、必要ではないかもしれないものを購入する時、とても迷ってしまいます。

「これは自分の心が求めてるのか・・・いいや、ひょっとしたら誘惑に負けてるだけかも・・・うーーーーーん」

これ、ついやってしまっていたのですが、これこそが悩みを生む最大の原因であると分かりました。

迷うことが多くなると、悩みが増えていきます。

「本当にこれでいいのか」と自分のやりたいことですら自信を持てなくなってしまう。

自分の本当に進みたい道は自分で決めて進むのに、迷いの思考でブレてしまう。

だから、もう迷うの止めました。

迷ったら買わない!!!!と決めました。

別のことで迷ってしまっても、迷ってる自分に気付いて、意識的に決めていく。

先延ばしで「やろうかな、どうしようかな」と迷う時間も短くしていく。軽やかに。

最初はすぐ思考の癖をやめるのは難しいと思うので、まずは自分の思考の癖に気付くことから始めます。

どうして○○してくれないのという思考の癖

これは私自身の思考の癖。

どうして○○してくれないの

どうしてうまくいかないの

どうして・・・

コナン映画も昔の方が良かったとか考えてたんです。ジャッジしまくってました。

昔のコナン映画が好き!!!でいいのに(;╹◡╹)

「察して!」と昔からそういう風に思うことが多かったので、「察してもらいたいのにしてくれない」現実になっていたんだと今ならハッキリと分かります。「察して!」と言いたくなる現実が。

ここはもう驚きで「それでか!!!!」と最大限に腑に落ちました。

まとめると、不満な思考を常に抱えていた=不満に思う現実が展開していた

迷うことが楽しかったりするうちはまだ良いのですが、それが癖になってしまうと、自分の生きてる現実まで影響を及ぼしてしまうので、ここはしっかりと止めるように!!

自分の思考の癖に気付くには、その現実を見て、自分が何を言いたくなるかを考えてみるとハッキリ分かります。

その思考に気付いて意識的にやめていき、癖をなくしていくと現実も変化します。

現実を変えたくなったら、まずは身近なところから変化させていきましょう!